皮膚科で処方してもらえる美白薬、市販の薬で効果を実感できない時に

皮膚科で処方してもらえる美白薬、市販の薬で効果を実感できない時に

美白の化粧品はたくさん市販されていますが、もう一つ効果を感じる事ができないと困っていませんか?

 

 

そんな時には病院で処方してもらう薬を使ってみるといいでしょう。ここでは皮膚科で処方してもらえる美白薬について知りましょう。

 

 

ハイドロキノンは効果が強い

 

 

アメリカにおいて美白やシミ消しと言えばハイドロキノンと言われるほどに古くから親しまれています。肌の漂白剤とも形容されるほどに効果が強いと言われます。シミの原因となるメラニン色素が作られる事を抑える事ができて、さらにメラニン色素を作る細胞であるメラノサイト自体の数を少なくする効果を持ちます。

 

 

ハイドロキノンは日本においても認可されている薬です。

 

 

日焼けでできるシミに効く 

 

 

シミはビタミンCなどでも改善できる事はよく知られていますが、それよりも何十倍もの効果があるのがハイドロキノンです。日焼けの予防もできるし、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかける事ができます。使用方法 ハイドロキノンは1日1回夜に洗顔した後に使いましょう。もしも朝も使いたい時には日焼け止めも一緒に使うようにします。とても強い漂白効果があるので、ハイドロキノンを塗布している状態で日光の元になる出る事は、刺激が大きくて危険です。

 

 

炎症を起こす原因になるので気を付けましょう。・シナール錠 シナールはアスコロビン酸とパントテン酸が配合されているビタミン剤の事です。シミやソバカス、ニキビ、肌荒れなど広く肌トラブルに有効になります。アスコロビンさんはメラニンが作られる事を抑えて、パントテン酸は脂質や糖質が代謝される働きを促進します。他にも整腸作用があり美肌のみならずに健康にも優れた効果を持っています。

 

 

使用方法

 

 

成分の効果を効率的に発揮させるためには、食後に服用するようにしましょう。食後に摂取すると他の時間帯に摂取するよりも効果が1.5倍になると言われているからです。市販されている薬の美白効果を実感できないのなら、皮膚科で薬を処方してもらいましょう。